TOP > ボンゴレビアンコ 26エディション
 ← なんかきた。 | TOP | 久々の悪夢。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ボンゴレビアンコ 26エディション 

2006年02月10日 ()
ボンゴレビアンコ 26エディション

ボンゴレは断然ビアンコ!
 何故か死ぬほど食べたくなったボンゴレ・ビアンコを作ってみました。実は初挑戦です。
 アサリを使ったパスタではトマトソースで作るボンゴレ・ロッソというものもあります。「ボンゴレ」がアサリで「ビアンコ」は白、「ロッソ」は赤です。
 26的にはボンゴレは断然ビアンコ派です。アサリの旨みがストレートに味わえる一品。アサリは身体にもいいらしいです(適当)。特に女子、食べるといいらしいぞ。
 
 今回はいつも参考にしているパスタレシピ研究会さんと『バンビ~ノ!』のレシピを折衷して作ってみました。おどろくほど簡単で少ない材料で出来て、美味しい! 絶賛自画自賛中!

 では詳しい作り方と材料は「続きを読む」をクリックで。

【材料(1人分)】
パスタ…100g (細めのパスタが合うと思います。スパゲッティ1.6mmとか

アサリ…多ければ多いほど良。今回はなんか1パック分使った。
にんにく…一片(一粒っていうかなんていうか。あの塊一個)
白ワイン…適量(40mlくらいかな)(今回は180mlで280円くらいのものを使用)
唐辛子…1コ(鷹の爪とかそういうの)
オリーブオイル…適量
調味料…適宜
パセリ…適当

■アサリについて
 今は大体砂抜きしてあるのが売ってると思うんですけど念のため20%位の濃度の塩水に入れて冷暗所に20~30分置いておくといいです。


 パスタをたっぷりのお湯で茹でます。つーか茹でながらソースを作る。パスタは表示時間の二分前に引き上げます。パスタを茹でるお湯には塩をちゃんといれましょう(味がわかるくらい)。

 にんにくは包丁の背で潰し、中と下の芯を取る。フライパンにオリーブオイルを回しいれてつぶしたにんにくを入れ、弱火で加熱。ちなみに火を全く入れてない状態から始めます。そうしないと焦げる。

 いい匂いがしてきたらにんにくを取り出す。そのまま入れておいても別にいい。辛いのが好きな人はこのあたりで種をとった唐辛子投入。折ったり、そのままでも良し。唐辛子は投入する時間が早ければ早いほど、辛味が増します。

 アサリを投入。暫く炒める。ここで乱暴にするとアサリ壊れちゃうよぉっ! となるので優しくネ☆ 炒めるのに飽きたら白ワインを投入。フライパンに蓋をして暫く蒸す(強~中火)。しばらく待つ。

 アサリが開いたら優しくゆすって(乱暴にするとry)、アサリから出た水分と白ワインを乳化させます。ここらへんで塩胡椒とか入れておくべきかな。

 パスタを表示時間二分前に引き上げてアサリの入ったフライパンに投入。火は極弱火でソースを手早くからめる。そしてしっかりと吸わせる(所要時間2分)。味を見て、好みの味に整える。塩と胡椒のみでいいと思うって言うか塩だけでいいと思う。

 お皿に盛って、パセリをかけて出来上がり。イタリアンパセリがあったら尚良し。
野菜も食べよう。
 野菜が不足するのでポテトサラダと茹でたアスパラを副菜に添えました。あと鴨スモークをスライス。

 アサリの旨みごストレートに来ます。海鮮嫌いじゃなければ是非! 慣れれば15分くらいで作れそうです。
スポンサーサイト
[2006.02.10(Fri) 22:08] [作ったもの]食べ物編Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← なんかきた。 | TOP | 久々の悪夢。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://g26pang.blog11.fc2.com/tb.php/165-4131b254
 ← なんかきた。 | TOP | 久々の悪夢。

■CALENDER■

■AUTHOR■

■USEFUL LINK■

■MONTHLY ARCHIVE■

■CATEGORY■

最近のコメント

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

■AFFILIATES■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。