TOP > 死とは、ピクニックのとき遠くに聞こえる稲妻の音。:群馬一泊旅行レポ。
 ← 鍵を下さい。 | TOP | しくじった。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


死とは、ピクニックのとき遠くに聞こえる稲妻の音。:群馬一泊旅行レポ。 

2006年04月26日 ()
それはニートになりたてのとある午後っていうか夕方。電話の向こうでアイツが囁きました。

「(前略)、泊まりにおいでよ」
「ん、どうせ暇だし行ってみるか。いつも来てもらってるしな」


なんか微妙にいかがわしい会話ですが気にしない方向で。
そんな訳ですんなり決まった群馬一泊旅行。
向こうのお休みに合わせたら徹カラの後、その日のうちに出発という強行スケジュールに。

「群馬に行くことになりましたよ」
「あ、じゃあごはんでも食べる?」


そしてこれまたすんなり(?)決まった妹再会。
そんなこんなで時間の割には内容が濃かった(と思う)群馬一泊旅行レポです。つか歩くか寝るかごろごろか食べるか車乗ってるかしかしてなかったような……。
そんなどうでもいい内容は「続きを読む」の中で。

【一日目】

モノトーンの鞄の 脇からのぞくマンガ(ホスト部)
しかめ顔のばーさまの背中 すり抜けてやってきたー
アウェーはちょっと苦手 初めての(群馬での)待ち合わせー
ATMを探して彷徨いながら 辿り着いた五分(?)前

(MajiでKaneない五秒前:26作詞)



いや、ずっと前から好きでもなんでもないんですけどね。
という訳で徹カラ明けで帰り着いてお風呂に入って速攻で寝て短い睡眠の後ばばっと準備して家を出ました。在来線じゃ間に合わなかったんで(その時間を睡眠にあてた)、新幹線を使用。そんなこんなで割と速く群馬の地へ降り立ちました。
っていうか高崎駅、新幹線から在来線に乗り換えるだけででっかいだるまを三個は見ましたよ?
降り立ってからまずお金が全然ないことに気付き、ATMを探す。ローソン発見。入ってみる。ATMない。途方に暮れる。 結局少し歩いて地方銀行のATMで降ろしました。そこから奇跡的にタクシーを拾って(この通り、車道の信号が赤になると自分の足音以外物音がしなくなるんです)常さん勤務のホテルへ。そういや携帯にかけたっけ。ごめごめ、クセで。で、普通の顔してフロントで常さんに会おうと思ったんですけど制服着て微妙に気まずい顔で立ってる背の高いアイツを見た瞬間、噴く。
で、ニヤニヤしながら受付を済ませて常さんの案内で客室へ。
部屋を見たりベッドに寝転んだり荷物披露したり(主に本。料理の本とホスト部)お土産(Made in 26のパウンドケーキ。今回はかぼちゃマーブルです(お姉さまの好みに合わせた。常さんのはぶっちゃけついで))を渡したりそれを早速喰ってる常さんを冷たく見つめたりしてました。
そんなことをしていたらお姉さまから電話がっ!!!
ベッドの上に携帯置いてて、気付かなかったっなんたる不覚!!!!!!
急いでかけ直し。もう着いてるとのことだったのでテンパりながら外へ向かう。常さんはまだ制服だった。

常さんにお見送りをしてもらってお姉さまと久々にごはん。ホテルから少ししか離れてない和風居酒屋ちっくなお店で緊張しながらごはんを食べました。
多分この光景を猫達(黒&靴下)や町さん、ハニーあたりが見たらニヤニヤするんだろうなぁ……。あれ、26君(さん・部長)今日は全然喋らないんだね、とかそんな感じで。
とにかく久々にお会いできて嬉しかったです。
そして放置プレイ中の常さんに連絡して迎えに来てもらい、駐車場で引き渡される。 いつも常さんを手荷物扱いしていたけれどまさか自分がそうなるとはね……。
部屋に戻ってしばらく休憩。いつになく消耗していたのでベッドでごろってました。
で、ネコケンのレポには
「常さんもごろごろしようよー」
とかなんか可愛く言ったように書いてありますがベッドやソファで寛ぐのを常さんが微妙に躊躇っていたのでベッドを薦めたけです。
でもってごろごろするのにも(26が)飽きてきた頃、ぐったりしている常さんをたたき起こしてお出かけ。最初と最後以外、ホテル内の移動は全て隠密行動でした……なんていうか、メタルギアソリッド。ダンボールに入った方がいいかと思ったくらいでした。

そんなこんなで in Car。

常「どこに行きたい?」
26「海が見たいな……」


※群馬は海無し県です。

はい、初っ端から喧嘩売ってるような発言ですねw

常「(半ギレ)……行く? 海。」
26「ウソだよどっか良いとこ連れて行ってくれるって言ってたじゃん」

世界の果て、とかそんな冗談を言いながら知らない街を車は走り出しました。
途中のコンビニでおやつと飲み物を買って、26の焼いてきたCDをかけて、とにかく走る。詳しい地名なんて知らないね。桜がいっぱいあるところとか山とかそういうところを止め処ない話をしながら走ってただけですでもそれが無益な時間だなんて誰にも言わせない。
千本桜とか赤城山とかそういう地名を聞き流しつつ歌ったり話したり走ったり走ったり走ったり。
千本桜が薄明かりに照らされて綺麗でした。もう半分くらい葉っぱになっちゃったけど綺麗だった。
先へ先へ歩いていっても黒い空間しか見えないので引き返すことに。

「なぁ、ウチら万が一ここで死んだらネット心中じゃね?」
「あ、そうなるのかー」
「でさ、メッセログとか激しく曲解されて痴情のもつれとかになっちゃうんだよ!!!」
「い、イヤすぎる!!!!!!」


ホント、下らない話ばかりしてますね。
で、そろそろ帰るかーとまただらだらと話しながらドライブ。
常さんの実家とか高校とか地元ならではのネタ(ネタ扱いです)を披露されたりしつつ、ドライブドライブ。
そして話題は何故か夏の花火とG○Iちゃんがいかに可愛いかという討論会に。
薄々わかってきてるかとは思うのですがコイツら、脳味噌腐ってます。

26「花火大会さ、浴衣(男物)とか着ようかなー」
常「あー、いいねぃ」
26「G○Iちゃんも着るかなぁ、あ、でもG○Iちゃんは甚平かもね夏に着てるって言ってたし」
常「ええっ、そんなぁっ!!!!!

G○Iちゃん、浴衣着てェぇぇぇぇえぇぇぇぇえぇぇぇぇぇ!!!!!!!!

この日、一番大きい常さんの声でした。
なんていうか、絶叫、でした。魂の叫び、でした。

G○Iちゃんごめんなさい。マジで。

そんな絶叫のせいか、常さんはこの後グロッキーに。
生命の危機を感じながらもどうにかホテルに到着、倒れこむ常さんをやっぱりたたき起こして顔洗えとか歯を磨けとかそんなことをして就寝。


【二日目】

【前夜の会話】

26「26は絶対起きられないから常さん頼むよ!」
常「あいあい」
26「ホテルの朝ご飯食べそびれるのイヤだからな!!!」
常「あいあい」


昨日とは打って変わって良く晴れた爽やかな朝。
常さんはピクリともしませんでした。

叩き起こしてシャワーとか身支度とかさせる。
まだ寝ぼけてやがると思っていたけれど隠密行動だけは忘れていなかったようだ。
そんなこんなで従業員の方はおろか宿泊客にも誰にも会わずに朝食の場所に。

26はお約束とかベタなことが大好きなのでこれまたベタなホテルの朝食も好きです。
トーストにハムエッグにサラダ、あとバター・ジャム・ハチミツ。そしてコーヒー。

実は26、大変お腹が減っていました。そういうわけでいつもの倍のスピードで完食。
話してたけど大体忘れた。うん、似た様なものだね。

そして本日の予定が大体決定。

横川の釜飯→軽井沢→帰る(横浜に)

って感じです。軽井沢にあるものはなんか爽やかなイメージとアウトレットモール。あとホスト部に出てきた長いもの漬物。そんな貧困なイメージを抱きつつ、サングラスを装着して出発!
途中、ハチクロに出てきた亜鉛工場を見る。竹本君がお父さんと眺めていたあの工場です。すっごい雰囲気あった。なんか年季入ってた。

 峠の釜飯。陶器の釜に入ってる。

 軽井沢名物モカソフト。あくまでベタに。
 ホスト部広告発見ww

あっさり道に迷う常さん。
迷うのは人生だけにして欲しいよネーと思いつつ進路修正。
途中の横川で峠の釜飯を食べる。
入れ物は陶器で出来ていて、持って帰りたかったくらい、良い感じでした。
椎茸の煮物を問答無用で全部常さんの釜の中にぶち込む。いや、食べられないんだもん。

おいちかったー! そしてみやげ物を見たり(見るだけ)、飲み物補給したりして再出発!

軽井沢到着ー。
なんか割とイメージ通りかも。もっと奥に行くと別荘だらけになるんだろうなとか思いながらキョロキョロと見物。周りの木、全部背が高い。
平日なのでかなり空いていました。軽井沢名物ミカドコーヒーのモカソフト(写真)を発見したので早速食べてみる。素朴な味でウマー(・∀・)
モカソフト片手に旧軽井沢をぶらぶらと。もうこれ以上行ったら迷子確実、というところまで行って引き返してきました。なんかウチらこのパターン多くない?

現在26が大ハマリの桜蘭高校ホスト部。それの5巻に出てくる長いもの漬物を発見したので試食してみる。ここのおっちゃんたちが気の良い人達で、野沢菜の天ぷら(揚げたて!)やらのびるの味噌をつけたご飯やらお茶やら色々くれます。店内を見てみたらホスト部の広告?発見(写真)。
「これ見て来たりするお客さん、いるんですか?」
と聞いてみたところ、マンガで取り上げられてることすら知らなかったそうなw
なんかある日女子高生が大挙して押し寄せ長いもの漬物を買っていくので不思議に思って聞いてみたらホスト部で紹介されていた、と。で慌てて本を買って来て写真の広告を作って貼ったらしい。なんか微笑ましかったw
マジで美味しかったので自分用に長いもの漬物と大根の漬物、のびるの味噌などを購入。おまけしてもらったりガムもらったりとサービス精神満点でした。
「おまけしてもらったお礼にネットで宣伝しとくよ!」
と言っておいたので宣伝。 旧軽井沢銀座の「漬物のあいき」さんです。

ちなみに一号店と二号店があります。売ってるものは大体一緒。
漬物を食べて大変満足気味の26が歩いているとさっきのあいきさん二号店のお兄さんに声をかけられました。

兄「お、上(一号店)で買い物してきてくれたんだねぇ! ありがとよっ!!」
26「え、何でわかるの!? エスパー!?」
兄「だって袋もってるからよー」
26「(自分の持っている店名入り袋を凝視)あ……。そうだよね……」
兄「まぁ、せっかくだからお茶でも飲んでいきなよ」
26「じゃあ、いただきまー」

そういえば母上様のお土産買ってないなーとか思ってここでも長いもの漬物購入。

そろそろ疲れてきたね、といい散々彷徨ってとあるコーヒー店に入る。スペシャルなケーキセットを頼んで一息つく。
ディズニーランドの店みたいに雰囲気あったなぁ。ロイヤルコペンハーゲンのポットに入ったコーヒーも美味しかったです。

軽井沢のお店はなんかもう、26の料理心をくすぐる奴らばっかりで、どーせ金持ちの町だろ、オレが買う物なんかねーよけっとか思ってた自分を殴りたいです。っていうかニートなんであまりお金ないんですけどね。
それでもジャム買って(これもお土産)、唐辛子とにんにくの漬けてあるオリーブオイル買って(町さんへのお土産と自分用)、シードル試飲させてもらって(常さん放置)もう大変幸せでした。食べ物のことばっかりだけどそれがヒスパレクオリティ。

そろそろ帰るかと車に乗って軽井沢にまた来たいと常さんに話したりしてました。

26「っていうか一泊したいよね、貸し別荘とかでさ。軽井沢の本領はやっぱり朝だと思うんだよね(泊まった事ないくせに)」
常「だよね、で昼は万平ホテルのランチ食べよう!」
26「朝ご飯は26が作るよっていうか作りたい。祥子さまんとこの別荘に出てきた朝ごはん見たいなのを!!! 焼きたてパン買って来てねー、バターもベーコンも卵も牛乳も野菜も軽井沢で買うんだァ……」

常「いいねいいね」

26→作りたい 常→食べたい。
利害は一致していますので近々実行されるでしょう。

そして後は横浜(の出来るだけ近く)まで向かうだけです。だったんです。

常「あれ、旧道入っちゃった」

そこは枯れ木に囲まれた、直線が一つもない山道でした。車線は片側一車線、カーブの外側はすぐ谷です。しかも深い。
カーブのところになんか3ケタの数字が書いてあります。その時26達は知らなかったのです。それがカーブの数を示す掲示板だってことを……

「あれ、カーブの数じゃない?」
「まっさかー。だっていろは坂より多いよ」

この時はまだ楽観的でした。でもそのうちカーブにお供えしてある花を見つけたり、閉鎖してあるトンネルやら底が見えない谷やらを見ているうちに気付いたのです。

これってマジでネット心中の危機なんじゃ……!?

脳裏を過る新聞の見出し。
数々の物証(あったんです、色々)。
そして26は思いました。ああ、ここってもしかして麦藁帽子を落としたあの渓谷じゃぁ……?

常さん26のあの余裕どうしたでせうね?
あの春碓氷から霧積へ行くみちで口から抜けて行ったあの余裕ですよ。


常さんの表情は今まで見た中で一番真剣でした。そして26は諦観の境地に達していました。

(暗転)

どうにか脱出した二人は口を揃えて言いました。

「普通の道ってすごいね」

と。

もと来た道を引き返して高崎に入る。だるまばっかり目に入るので騒いでいると「だるまの数でも数えてろ」と言われました。数えませんでした。

熊谷まで送ってきてもらって常さんと別れる。そして財布を車の中に忘れる。もう一度引き返してきてもらって今度こそお別れ。お疲れさまーまたね。

そして電車に乗って腰掛けて気付きました。

「ああ、Suicaのチャージと財布の中身、全部合わせても横浜まで帰れないなァ……☆」

上野で降ろして帰りました。

最初から最後までATMを探していた旅でした。

お世話になった常さん、お姉さまどうもありがとうございました!
今度はパウンドケーキ焦がさないようにします。


読んでくれたあなたも、ありがとう。
また面白いことあったら書きますね。
スポンサーサイト
[2006.04.26(Wed) 22:59] [レポ]非日常レポTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

お疲れ様ー by GAI
今度は私も行きたいわねー(笑

して、とりあえず伏字やめて!!
なんか私がいかがわしい人みたいだ(ぉ

お疲れ様でしたよぅ。 by 26
もちろん、GAIちゃんも是非一緒に行こう!
BGM担当でなw

伏字の件は大丈夫!!
どうみてもいかがわしいのはウチらだ!

コメントを閉じる▲

 ← 鍵を下さい。 | TOP | しくじった。

COMMENT

今度は私も行きたいわねー(笑

して、とりあえず伏字やめて!!
なんか私がいかがわしい人みたいだ(ぉ
[ 2006.04.27(Thu) 02:54] URL | GAI #BfhuoW0A | EDIT |

もちろん、GAIちゃんも是非一緒に行こう!
BGM担当でなw

伏字の件は大丈夫!!
どうみてもいかがわしいのはウチらだ!
[ 2006.04.28(Fri) 00:44] URL | 26 #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://g26pang.blog11.fc2.com/tb.php/243-913de94d
 ← 鍵を下さい。 | TOP | しくじった。

■CALENDER■

■AUTHOR■

■USEFUL LINK■

■MONTHLY ARCHIVE■

■CATEGORY■

最近のコメント

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

■AFFILIATES■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。