TOP > 進度47%。
 ← おっかいもの。 | TOP | あなたお酒は止めるって言ったじゃない!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


進度47%。 

2006年05月14日 ()
 もうすぐニート生活一ヶ月目に突入ということに恐怖を覚える二十六ですごきげんよう。やばいよダラダラしてたら時間なんてあっという間だ!!!

アニメと小説とマンガ、どのメディアが一番好きかと言われたら26は「マンガ」と答えます。これは嗜好の問題なんですけど「どのメディアが」って聞かれたらマンガですね。「どの作品が」って聞かれたらまた変ってくるんですけどね。
読みにくさっていうか楽しみやすさ? それを楽しむために使う労力、というのを考えると
アニメ>マンガ>小説
という順番になると思います。アニメはページを捲らなくても進むからダントツ。マンガと小説だとマンガの方が読みにくい、という人もいるかもしれないけれどマンガで育った世代は断然マンガが読みやすいと思います。
で、ここから何で26はマンガが好きか、という話。
これは私見ですがマンガはアニメと小説の良いとこ取りをしていると思うんですね。
アニメにしてもマンガにしても小説にしても取り合えず目(と耳)から情報を得て脳内に取り込むわけじゃないですか(理系じゃないので詳しいことはわからない)。その脳内に取り込む情報が詳細であればあるほどイメージは固定的で逆に抽象的だと自分で補う部分が多くなる。
アニメはそこから発信される情報が多いから受け取る側がイメージで補う余地が少なく、逆に小説はビジュアル面がマンガ・アニメに比べて圧倒的に少ないからイメージを自分の色に染めやすい。
じゃあ、マンガは? というと、まずマンガには絵があります。そしてコマ割があってセリフがある。これによってアニメの持つビジュアル的・時間的(なんていうんだろ、間とか)表現を間接的に表現してるんだと思うんです。アニメみたく間も動きも完全に決められてるんじゃなくて、読者のイメージが入り込む余地を残して表現している。この絶妙な表現の配分、ここに26がマンガが好きな理由があると思うんですね。

というあたりで今日は終わり。
いや、日記ネタがなかっただけとかそういうことではない。
違うとも。
スポンサーサイト
[2006.05.14(Sun) 23:48] [日々の出来事]日々の出来事Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← おっかいもの。 | TOP | あなたお酒は止めるって言ったじゃない!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://g26pang.blog11.fc2.com/tb.php/263-c8389c24
 ← おっかいもの。 | TOP | あなたお酒は止めるって言ったじゃない!

■CALENDER■

■AUTHOR■

■USEFUL LINK■

■MONTHLY ARCHIVE■

■CATEGORY■

最近のコメント

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

■AFFILIATES■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。