TOP > 行く度に勉強になる。
 ← 唯一の一日業務。 | TOP | せんせいと私。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


行く度に勉強になる。 

2007年05月31日 ()
利便性をお金で買いたい二十六ですごきげんよう。大人になると少しくらいお金出してもいいから楽な方をとってしまいますね。

月曜日から学生の時の友人がやってきまして、今日までホテルに泊まったり夢と魔法の海に行ったり買い物したりしていました。
この前の日記で述べた「少しハードな日々」ってのはこのことだったんですね。うん、遊んでただけじゃんね。

月曜日はバイトを早退し、渋谷で面接を受けてから友人と合流して新浦安のオリエンタルホテル東京ベイに。1人6000円だったのに平日は部屋が空いているらしく、リニューアル直後の随分と広い部屋に通されました。
着いた時間が遅く、夕飯を食べる暇もなかったのでホテルのパブで一杯ひっかけながら食べることに。アブサンがあったのでオーダーしてみましたが、とっても口に合わなかったです。
フィッシュ&チップスとかベタなものを頼んではらいっぱいに。
案の定、ホテルのベッドでシャワー浴びる間もなく轟沈。
最近、腹いっぱい食べると動けなくなります。

火曜日、普通に起床。
シャワーを浴びた後、レストランでビュッフェ形式の朝食を摂る。
クロワッサンが美味しかったので朝だからいいや、と思っていっぱい食べました。
チェックアウト後、シャトルバスでディズニーシーへ出発。
バスの中のディスプレイでディズニーニュースとかを視聴。どうやらランドの方はスティッチに侵略されているらしい。シーは春のお祭り真っ最中だとか。お子様も良い感じに騒ぎ出し、否が応でもテンション上がる。すれ違うオフィシャルホテルのバスを「勝ち組バス」と命名。ウィンカーまであのネズミの形だった。
海に到着。人生初海です。
コインロッカーに大きな荷物を預けて前日に買っておいた神奈川県民用のパスポートを取り出し、入場。
なんか、予想以上に空いてる……見たことのある大きな地球がある噴水とかを通ってまずはパスポートを入れるホルダーを購入。もうここで500円使わせるんだもんな。
広場に出るとミッキーとかミニーとかまぁ、いろいろキャラがいました。それにしても空いてる……ミッキー五分も待たずに写真撮れそうだった。
パッと見で思ったことはランドよりもいろんな建物の質感のリアリティが上がってるってことでした。ランドも15年以上前に建設されたことを思えば相当努力はしてるんでしょうけど、シーはそれ以上だった。なんていうか、チャチさがあまりない。
入場口で地図を貰い損ねたため、勘のみに頼ってとりあえず火山へ。その途中でプリマヴェーラ(春のショー)が始まったので暫し観覧。
が、しかし。
黒い服を着ていたのですが、日光ちょう吸収するんですね。
耐えられなくなって後ろのちびっ子に場所を譲ってさっさと日陰に避難しました。背後ではヴィヴァルディの春とかをアレンジしたミュージックが流れていましたことですよ。
で、センターオブジアースとか海底二万マイルとかサクっと乗ってみたり。どっちも待ち時間15分未満。
センターオブジアースで既に乗る前からビビってる26。
動き出してから
「最初は観光パートだよね?!」
「前の(乗り物)落ちてない? 落ちてない!?」
「観光パート終わり?」
とひたすら1人解説。
で、降りて半泣き。
遊園地関係に行くと最初の乗り物乗る時はだいたいこんな感じになります。慣れてくるともう少し静かになる。
別にそれほど怖くないはずの海底二万マイルでも
「魚とか出てこないよね?(潜る系の乗り物だった。で、26は生きてる魚とかがとても苦手)」
とビビってる始末です。
もうちょっとかわいいのがいいアリエルとかさー、シーって言ったらアリエルでしょ、と思い地図も持たずにさ迷い歩いて人力飛行機に乗ったりしつつ目指したのはマーメイドラグーンでした。
地図がないのでいっぱいいる係の人達に
「アリエルはどこにいますか」
「アリエルにはどこで会えますか」
と質問。向こうはさすがにプロなのでちゃんとマーメイドラグーンで会えますよ、一緒に写真も撮れますよ、と案内してくれました。
辿り着いた先でアリエルに無事出会うことが出来ました。写真は撮りませんでした。アリエルは思っていたよりも大人で、英語で歌ってたかと思うと日本語で喋りだしたり、とりあえず腹筋はすげー鍛えてるんだろうなぁってことがわかりました。あ、かわいかったです。あとセバスチャン(どうみても茹で上がってるとしか思えない色のロブスター、アリエルの世話役)が卑猥に見えた……
また移動してインディ・ジョーンズ博士と冒険→レイジングスピリッツを二回繰り返し、インディアナ教授のセリフが少なくとも2パターンあることを確認。蒸気船に乗って入り口付近まで戻ってショーを観覧。
途中、憧れのマイスター(ゼペットじいさん)と憧れのコオロギ(ジミニー・クリケット)に出会って、一緒に写真を撮りました。なんでみんなジミニーの名前を知らないんだ!!!
タワーオブザテラーは怖いので友人だけ乗りにいって26は待機。
その後、夜のショーの場所取りをしてショーを見て、ARIA好きには外せないだろうということでゴンドラに乗ってゴンドリエーレのバンブリオ(自称日系イタリア人三世)と井手さん(自称イタリア人)のカンツォーネやゴンドリエーレトークに耳を傾けつつ、ゴンドラから見る夜景を眺め、お土産を買って横浜駅直行バスで帰宅。

とても空いていたし(15分以上待ったのはタワーオブテラーだけだった)、お天気も良く、楽しかったです。
それにしてもあの夢と魔法の国の尊敬すべき点は徹底された従業員教育や、本分ともいえるエンターテイメント性ももちろんなんですけど
「ユーザーを騙すことに全力を傾けている」
ってところですね。
G戦場ヘブンズドアという26の大好きな作品に
「あなたの描く嘘は、誰かがお金を払ってでも騙されたいものかしら?」
というセリフがあるのですが、あそこには大勢の人がお金を払ってまで騙されに来るんですよね。
それを構成する努力や技術が随所に見られてとても有意義でした。
それにしてもあの紐のついてない凧? みたいなのはどうやって飛ばしてるんだろ……?

で、火曜日は近所でお蕎麦を食べたあと、川崎でブラブラして夕方くらいに友人と別れて帰宅しました。

これでやっと約束を一つ果たせました(TDSに行く約束をしていた)。
明日からまたSa川Q便の日々です。
スポンサーサイト
[2007.05.31(Thu) 00:35] [日々の出来事]日々の出来事Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 唯一の一日業務。 | TOP | せんせいと私。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://g26pang.blog11.fc2.com/tb.php/482-1d26b4f4
 ← 唯一の一日業務。 | TOP | せんせいと私。

■CALENDER■

■AUTHOR■

■USEFUL LINK■

■MONTHLY ARCHIVE■

■CATEGORY■

最近のコメント

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

■AFFILIATES■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。