TOP > 言わぬが花。
 ← バッドコンディション。 | TOP | ビギナーズラック。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


言わぬが花。 

2008年03月27日 ()
勤務時間中は激暇なのに退勤時刻間際になって仕事が発生し、結果残業になったりする不思議な職場で働いている二十六ですごきげんよう。こっちは残業代がついて良いけど、雇主としてはどうなんだろう?

なんかあんまり日記書いていませんでした。
普通に仕事行って残業してバイト行って夜は夜で色々作業している日々でした。

『鋼の錬金術師』の最新巻を買ったり『Under the Rose』の最新巻を買ったり『狼と香辛料』のコミック版の最新巻を買ったり『GIANT KILLING』を全巻揃えたりしていました。ほぼ毎日会社のビルの1Fに入っている書店に出向きマンガを購入していく26をあの店員のおねーさんはどう思ってるんだろう。メガネでちょっと暗そうな髪の長い図書委員タイプのあのおねーさんは。あわ良くば恋でもしてくれないだろうか、26に。

で、簡単に感想などー。

ハガレン→
謎がどんどん解けていきます。相変わらずストーリーのクオリティが落ちない落ちない。飽きない。本当にすごいと思う。

あんだろ→
予想よりも暗くなかった。前巻と前々巻が暗すぎたのか。アイザックが思ったよりも聡明で大人になっていてちょっと嬉しかった。アイザックのセリフに思わず泣きそうになったくらい。

狼と香辛料→
これは本日ゲットして読んだのですが、えーっとまず裸率が高すぎて人目のあるところで読むのは恥ずかしかったです。いや、後ろから覗き見したらパッと見エロ本だもん。
作画は『くじアン』の小梅けいと先生で、26はほぼ初見だったのですが、鉛筆線の様なテイストと同人テイストの香る(いい意味で)作画はなかなか合ってる、と思いました。
ホロは原作やアニメ番と比べると若干ロリ化して丸くちまっこくなってる気がしますがかわいいよホロかわいいよ。アニメ版の噛ませ犬兼由乃のそっくりさんは出てきません。

そーいや狼と香辛料は先日アニメ版が最終回を迎えたみたいですね。26はまだ未視聴です。原作の二巻の終わりまでみたいですね。26としては是非三巻のアマーティとの商戦を見たかったです。

話は変るのですが、昨夜金縛りらしきもの、に初遭遇しました。
お布団に入ってうとうととしていたら突然何か精神に衝撃を受けて(身体的にはなんともなかった)はっと目が覚めたのです。でも上手く眼が開かなくて動けなかった気がします。気がする、と不確定なのは26が途中で寝たからです。突然起された割にはすぐ寝てしまいました。夢見は最悪でしたが。
ちょっと前に弟が金縛りに遭い、霊的な経験をしたと(具体的には眼の赤い女性の顔が見えたとか)言っていたので26のところにも来たのでしょうか。それもとも少し好転してきている慢性プチ不眠のせいなのでしょうか。相変わらず夢見本当に悪いです。

最近人と話していて思うのは、聞く気がない人に一生懸命話しても虚しいだけだなぁ、ということです。
義理で話振ってるんだったら振らなくていいよ、と言いたい。聞いてくるなら聞いてる姿勢くらい保って欲しい。
あと、「そういうのって疲れない?」ってニュアンスの言葉も嫌いだと気付きました。
好きでやってることばかりだし、自分の限界くらい分かってるつもりなんだけどな。
疲れたら休めばいいじゃん。
ずっと疲れないでいようなんて、ただの怠慢じゃね?
疲れが取れないんだったら、自分の休息の仕方が悪いとは思わないのかな?

とかまぁ、愚痴ですねすんませ。
もう一回ホロ読もう。
スポンサーサイト
[2008.03.27(Thu) 23:58] [日々の出来事]日々の出来事Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← バッドコンディション。 | TOP | ビギナーズラック。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://g26pang.blog11.fc2.com/tb.php/586-e13c31db
 ← バッドコンディション。 | TOP | ビギナーズラック。

■CALENDER■

■AUTHOR■

■USEFUL LINK■

■MONTHLY ARCHIVE■

■CATEGORY■

最近のコメント

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

■AFFILIATES■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。