TOP > ネット不通ですた。
 ← 睡眠不足かバイオリズム不調。 | TOP | お菓子くらいしかあげられないよ?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ネット不通ですた。 

2008年05月10日 ()
年甲斐もなくピョンピョン飛び跳ねたりしたせいか、足の踵と尻に鈍痛を感じる二十六ですごきげんよう。踵は靴のせいだと思いたい。

さて、黄金週間も過ぎ去り(まだ継続中の人もいるかも知れないけど)、後はしとっぽく祝祭日皆無の六月を待つばかりですが皆様いかがお過ごしでしょうか。26は普通に会社に行ってきました。良いお天気でとても眠かったです。会社の芝生が眩しいです。お腹が減りました(この日記は5/8とかに書き始めています)。

26は特に特別な休みもなくカレンダー通りに5月3日から6日までお休みでした。その間に髪の毛を切ってさっぱりしたり、母上様のお宅で夕飯を御馳走になったり、国宝薬師寺展を観に行ったり、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブに行ったりしていましたのでなかなか有意義だったと思います。
特に国宝薬師寺展とアジカンライブ、及びそれらに同行してもらった人達と過ごした時間が。
なので軽くレポにしてみました。「追記」の中に書いたので興味があったり暇で暇でしょうがなかったりしたら読んでみて下さい。

明日は銀座で学生時代の友達の結婚パーティです。
八木さんとか普通に泊まりにきていてうるさいです。


2008/05/20 完結

5/5 エクストリーム寄玄さん歓迎会
5/6 国宝薬師寺展鑑賞→ASIAN KUNG-FU GENERATIONライブ

という日程で遊びました。同行者はラボスクの寄玄さんと夕閑地のこずみっくさんです。お二人にはこの場から改めて感謝の意をお伝えしたいと思います。

5/5の午後、26の「アジカンのライブに一緒に行こうよ!」という呼びかけに応じて寄玄さんが上京してきてくれました。そしてつい最近上京してきたこずみっくさんのお宅で歓迎会兼お泊まり会と相成りました。なんか乙女ちっくですねお泊まり会って響き。
が、しかし。
寄玄さんがこずみっくさん宅の最寄駅に着く前にお泊まり会用の食糧を買い出しに出た26とこずみっくさんは両人とも買い出し場所に遅刻という奇跡のシンクロを果たし大変残念な滑り出しとなりました。
それでも先に着いた26はせっせと買い物を頑張っていました。一人の時は滅多に買わないデパ地下のお総菜やケーキをここぞとばかりに。楽しかったです(26が)。
買い物が八割ほど終わったところでこずみっくさん到着。荷物を持ってもらって一路こずみっく邸最寄駅へ。
当然ですが寄玄さんは先に着いて待っていました。遅刻しているくせにニヤニヤしながら近づく26とこずみっくさん。失礼千万ですね。
無事合流を果たし飲み物などを買い足したりしてこずみっく邸を目指す。26も寄玄さんもこずみっく邸は初訪問ですが、二人とも人目でこずみっく邸が入っているマンションが判りました。なんつーか、こずみっくオーラを建物全体から発している。
こずみっく邸にお邪魔し、まずはお菓子をもしゃもしゃと。マカロンを出したら二人とも喜んでいたので微笑ましくなったのですが、その理由がコレだということにすぐに気付き、思わず遠い目をしてしまいました。
その後は少女革命ウテナとこずみっくコレクション鑑賞会。
ウテナをかなり久々に観たのですが、やっぱり面白かったです。同性愛、近親相姦など数多くの要素を孕みながらもあくまでシュールな展開。ちゃんと見直したらもっと面白いな。劇場版も見たくなった。

2008/05/13書き足しここから

ウテナを観ながら買ってきたデパ地下お惣菜をモリモリ食べる。その間も続くこずみっくコレクション(強制)鑑賞会。薄い本とかいっぱい出てきます。
食べ終わってお片付けが終わった後用意されたベッドに寝転んだらお二人から犬認定される。どうやらその寝転ぶという行為がかなり犬っぽかったらしい。尻尾とか耳とかそういう単語が頻繁に出てきましたが気にしない。
ヴァーチャルおっぱいとかエアおっぱいなどの単語を生み出しつつ、就寝。

翌朝割と早起きしました。
26は中国産の筍と国産のさくらえびで炊き込みご飯を作りました。それと昨夜残ったお惣菜で朝ご飯を。二人とも炊き込みご飯をお代わりしてモリモリ食べていました。嬉しかったです。
で、シャワーな読者サーヴィスタイムを挟みごろごろしたりしてこずみっく邸を出る。お邪魔しますたー。

まずは上野に向い、国宝薬師寺展へ。
26の今の職場はこういう展示会や写真展、美術展などに協賛しているのでチケットが無料で手に入ったりするのです(競争率高いけどね)。
上野公園は思ったよりも空いていた上に天気にも恵まれてソフトクリーム食べてて気持ちが良かったです。桜ソフト美味い。紫芋ソフトも美味かった。
薬師寺展は予想していたよりもずっと早く入れました。10分待ちくらいかな。
日傘を無料貸し出ししていたので遠慮せずに借りて使用してみたのですが三人とも見事に日傘が似合いませんでした。ここでは志摩子さんが一番日傘が似合うということで合意(次点は由乃か蓉子さま? あ、いや、凸かも)。

で、10分ほど日傘をさしてから中へ。
メインの日光・月光菩薩は中盤にあるらしいのですが、展示室内に入る前にチラっと見えて「チラリズム!」と大興奮する三人。
入り口で集合場所を決めてから解散。協調性が無い三人にとってはとっても合理的な行動です。

構成としては

薬師寺外観関係の展示→メイン→絵とか

って感じでした。あまりにも適当に書いてるのですが、ほとんどが重文か国宝です。
それにしてもですね、「神は細部に宿る」というのは西洋の方の言葉ですがね、はるか昔の我が国の職人さん達は普通にそれを実践していたんですよね。
塔の上の下からじゃ絶対見えないような部分にも手を抜かないその美学に痺れる。
今じゃ効率化の名の下に見えないところで手抜きまくりですからね。それはそれで一つの様式なんですけど、絶対に手を抜いちゃいけないところで抜いちゃうから色んな不祥事が出てくる訳ですよね。
狛犬が可愛かったです。阿形の方が好みだった。阿形はちょっと大人びた感じ。阿吽で1セットです。

メインの日光・月光菩薩は流石の存在感でした。
間違いなく金属で出来ているはずなのですが、触れれば暖かいんじゃないかってくらい、柔らかい印象でした。もちろん触っちゃダメだから触ってませんが。
どちらかと言えば日光菩薩の方が優しそうな印象でした。少し顔を下に傾けている(ように見える)ので、こっちを見てくれている気がするのです。
逆に月光菩薩は真正面を見据えているのでちょっとツンな印象。
薬師寺の本堂にある時は菩薩の背中や側面はまったく見えないのですが、今回の展示は360度全方位から見上げることが出来ました。
背中、とても、滑らか。
女性でもなく男性でもない、柔らかい背中でした。
二体の周りをグルグル回ってから少し離れた場所で眺めていたらよるきゅろさんとばったり合流。
しばらく二人で
あの二体は出来てからずーっと(1200年くらい?)ああやってたくさんの人に見られて拝まれてそれを受け止めてきたんだよね、とか、こうやって仏像に人が群がってるのを見るとまさに衆生と仏の関係って感じだよね、とか、あそこにいるのこずみっくさんじゃない? とか話していました。
展示の仕方も素晴らしく、控えめな照明に二体のシルエットが壁に映って幻想的な雰囲気でした。
最初は少し高い台の上から真っ直ぐ二体を眺められるようになっていて、その後下に降りて近くで見られるようになっていました。
こずみっくさんも合流して後半の展示をさらっと見て(国宝の吉祥天像画が小さ過ぎて顔をかなり近づけて見ていた)、お土産コーナーで「あのTシャツ(イラストの中で)乃梨子に着せたらいいんじゃね?」とかマリみてらしい会話をしたりして会場を後に。
トイレに行ったよるくろさんを待ってる間、ロビーに飾られていた像の真似に興じる26とこずみっくさん。
こずみっくさんの厳しい演技指導に応えてリアリティを追求していたら彫刻の免震台に足をかけてしまい、係の人にやんわりと注意される26.ひたすら平謝り。すると係の人が
「彫刻の真似、なかなか良いセンいってましたよ(にこ)」
もう、恥ずかしさで死ねると思った。

そのあと常設展などを見て回る。
土偶や埴輪に次々と名前をつけるよるくろさん。ネーミングセンスは柴田亜美並です(参考:柴田亜美のFF8の主人公の名前は「もりそば」)。
いい加減疲れてきたのでラムネで水分補給しつつ上野の森の入り口にあるテラス席に落ち着き、腹ごしらえ。猫がいました。
テラスはオサレな雰囲気でしたが、食べてるものが

26→ハンバーグカレー
こずみっく→ウインナー盛り合わせ
よるくろ→ちゃんぽんうどん

だったのでそれほどオサレでもなくなってしまいました。特にちゃんぽんうどんが悪いと思います。
他の席の人はおそらく外部から持ち込んだであろう、白ワインとピクルスでオサレに食事していました。
連休中唯一晴れた日だったので風がとても気持ちよく、時折吹く風に白いナプキンペーパーが巻き上げれていきました。散乱しまくり。
時間がくるまでだらだらと話をして上野駅に。
ここでこずみっくさんと別れて26とよるくろさんは横浜BRITZのアジカンライブに向かうのです。
そこで二人が見たものとは!?

そういえばこずみっくさんが別れ際に寂しそうにしてたのがちょっと萌えました。
こずみっくさんが立ち去った車内で26とよるくろさんは二次創作とかオリジナルとかなんかオタオタしい話をして横浜駅で乗り換え。MM線で高島町駅へ。みなとみらいのまだ開発途中なこの駅周辺は空が広いです。
で、会場である横浜BRITZを探してうろうろ。映画館を回り込んだらありました。
既に熱狂的アジカンファンがコミケのような列を成しています。みんなツアーTシャツやマフラータオルを巻いています。なんか普通の(でもちょっと「ライブに行く」ということを意識した)服装だった26はここで既に少しビビる。26たちは一階のスタンディング席ではなく二階の指定シート席だったので並ぶ必要は特になし。トイレに行ったり飲み物を買い求めたりしていました。隣接しているゲーセンのトイレもアジカンファンで溢れていました。
特に並ぶこともなくさくっと中に入場。1ドリンク付きのチケットだったので(別に要らなかったけど)カウンターでドリンクを手に入れ二階席へ。この時点で開演30分前くらいでした。
席にドリンクホルダーが付いていなかったので溢すといけないと思い、ドリンクを飲み干す26。
よるくろさんの知り合いのそっくりさんが前の席にいる、とか一階席のカオスっぷりを眺めたりとかしていましたがなかなか時間は過ぎ去りません。そして26達のまん前の席二つが未だ空席。
まさかの空席(=ステージが見やすい)?
とビクビクしていたら開演10分前くらいになってその席の人達がやってきました。
なんかフェミニンな女性二人組。
すっげ距離近い(二人の)。くっつくよ、くっつくよ?

こ、これは……!!!!!!

伊達にこんなジャンルのサイトマスターをやっていない二人。
百合フラグヴィンヴィンじゃないっすか!!!!!!!!!!!!!!

そこからもうずっと前の席の百合ップルを視姦……じゃなくて観察。

絶対親友以上ですよね
つーか一緒に住んでそうですよね
こっちの背の高い人の方が攻めですよね
あっちの人はかなり受けっぽいっすね
つーか逆だったら何気に萌える
キタコレ!!!

一頻り話した後二人で出した結論は

「ウチら、死んだ方がいいね、24時間以内に他人様に迷惑のかからない方法で」

でした。
そうこうしているうちに照明が落ちてライブスタート。
あれだけ持余していた時間が百合ップル発見しただけで光陰矢の如し。

ライブ初体験の26は微妙に緊張していたのですが、始まったらもうヘブン状態。
時々手を取り合って飛び跳ねている百合ップルを見てまたヘブン状態。
「リライト」でヘブン状態。
「アンダースタンド」でヘブン状態。
「ループ&ループ」でヘブン状態。
その他いろいろヘブン状態。

で、あまりにも暴力的に時間がもぎ取られていきました。
アジカンは横浜発祥のバンドなんでMCも地元ネタがあったりしてかなり親近感が。
でもMCは苦手らしく、「曲で勝負」と演奏に入る様は見事なまでにダサカッコ良かったです。

で、アンコールも含めてあっと言う間にライブが終わって横浜駅までてくてく歩きながらライブの内容と百合ップルについて話していました。
その後ベイクォーターのカフェの誰も居ないテラス席で(少し寒かった)いろいろネチネチ語ってよるくろさんとお別れ。

いや、濃かった。
楽しかったです。

また行こうと思います。
つかやっとレポ終わった。
スポンサーサイト
[2008.05.10(Sat) 22:56] [日々の出来事]日々の出来事Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 睡眠不足かバイオリズム不調。 | TOP | お菓子くらいしかあげられないよ?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://g26pang.blog11.fc2.com/tb.php/602-6ff327c3
 ← 睡眠不足かバイオリズム不調。 | TOP | お菓子くらいしかあげられないよ?

■CALENDER■

■AUTHOR■

■USEFUL LINK■

■MONTHLY ARCHIVE■

■CATEGORY■

最近のコメント

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

■AFFILIATES■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。