TOP > つけ麺食べたいでも太すぎる麺はイヤ。
 ← また一つ野望に近付いた。 | TOP | 週末は取りあえず Eat the meat.

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


つけ麺食べたいでも太すぎる麺はイヤ。 

2008年09月10日 ()
小銭を手にするとすぐに本屋に行ってしまう二十六ですごきげんよう。そして店を出るときには数冊の本が手に(万引きではありません)。

もうね、中毒ですね。マンガでも小説でも実用書でもいいから読んでいたい、読中毒。略してヨミチュー。読中二病。

あとi podの新しいバージョンが発表されましたね。劇的に変化したのはnanoくらいであとはマイナーチェンジって感じでした。なんかこう、今ひとつ、購入に踏み切る何かが足りないんだよなぁ。
同日に発表したマイクロソフトのすんげーマウスは青色LEDを使用したレーザーマウスでした。

先週バイトに行ったら先月分のお給料を頂いたので早速映画を観たり(レイトショーだけど)、前述のように本を買ったりカレーを食べたりしてあっという間に半分くらいなくなりました。浪費自重。
最近、積極的に映画を観るようにしています。
通勤で電車と自転車を乗り換える駅に映画館が三つもあるのもあるし、今まで映画を見なさ過ぎたのでインプットということで。
一番良く利用する映画館では会員カードまで作りました。ポイントが貯まるし、通常料金でエグゼクティブシートに座り放題です。
なのでこの間初めて利用してみましたエグゼクティブシート。通常の座席との違いは

・とりあえず位置はど真ん中の列
・座席がリクライニングする
・隣の席との距離が離れていて、その間に小物を置ける広めのスペースがある

くらいです。
くらい、と言ってもこれがなかなか良くてですね、一人で映画を堪能するにはかなり快適な状態へ持っていけます。裏を返せば映画館の椅子のあの密着感が良いんだ! という方にはお勧めしません。26は一人で映画を見に行くセレブリティなのでエグゼクティブシートをなるべく利用しようと思います。決して映画を一緒に見に行く相手が居ない訳では……ありま……せん。

先日見た映画は押井守監督の「スカイ・クロラ」です。押井作品をちゃんと見るのはこれが初めてです。もちろん森先生の原作も読んでいません。
ネタバレ感想は追記の中に書きますので、ここにはネタバレなしの感想を。

【感想】
特筆すべきはプロペラ戦闘機による空中戦。これはシネコンならではの音響で是非体験して欲しいと思います。戦闘機の武装が機銃のみなので空中戦はポジショニングが物を言いますが、その描写が見事過ぎる。燃える。エースコンバットなどのフライトシミュレーション系のゲームを経験していると更に深く体感出来ると思います。
ストーリーは割と説明不足気味な展開。予備知識(スカイ・クロラのオフィシャルサイトに書いてあるようなこと)が少しでもないと理解度は半分くらいまでに低下します。キルドレって何だよ、みたいな。
実写にかなり近い形で描写される戦闘機とは違ってシンプルな線で描かれるキャラクター達とその背景は充分に物語の空気を伝えて来ます。特に言葉以外での人物描写が秀逸です。

飛行機好き、静かなヒューマンドラマが好きな方は見に行っても損はないかと。
あと、色々な意味で子供向けでないことは確かです。

そして今日はDMCを観てきました。
感想はまた近日中にアップします。
とりあえず、クラウザーさんはよく走っている。

最近仕事増えだしたよ嬉しいよでもFlashちょっと難しいよがんばるよ。

スカイ・クロラネタバレ感想


まず、草薙水素さんの声優さんがかなり残念な感じでした……。
なんつーか、普段は棒読みなのに珍しく声の演技が入っているところは絵が合っていないという……。
でもそれ以外の声優さんたちは合っていたと思います。トキノとか優一とか。
歳をとらない人間=キルドレという設定がありますが、キルドレ達が優一と三ツ矢以外、全然子供に見えぬーwwww おっさんだよおっさんwww
トキノの相手のちょっとビッチ入った女の子が、物語が進むに従って清涼剤のような役割をするとは思いませんでしたよ。
それにしても戦闘機と空中戦の描写が熱くて熱くて。
最後のティーチャーとのドッグファイト、機銃掃射で穴だらけになる機体とそれを見せる演出、鳥肌立った。恐らく現代と同等もしくは現代より全然先に進んだ時代のお話なんだと思うけれど、戦闘機はプロペラで武装は機銃って限られているのはそれ以上兵器が近代化すると「ショーとしての戦争」の面白みがかけてしまうからなんでしょうか。
何を守るためでもなく、何かを奪うためでもない戦いは、確かに戦闘狂か何も気にしない人間じゃないとやっていけないですよね。多分「意義を見出せない戦い(仕事)」っていうのはそのまま現代の社会人に対するアイロニーとかオマージュだったりするのかなって思います。

あー、でもおもしろかったな。
スポンサーサイト
[2008.09.10(Wed) 23:01] [日々の出来事]日々の出来事Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← また一つ野望に近付いた。 | TOP | 週末は取りあえず Eat the meat.

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://g26pang.blog11.fc2.com/tb.php/649-b0e6fa1d
 ← また一つ野望に近付いた。 | TOP | 週末は取りあえず Eat the meat.

■CALENDER■

■AUTHOR■

■USEFUL LINK■

■MONTHLY ARCHIVE■

■CATEGORY■

最近のコメント

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

■AFFILIATES■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。